原一探偵事務所 無料相談

サイトマップ

不貞の慰謝料は200万円前後が相場


不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、金額は少なくなってしまいます。

また、不倫相手の方が浮気を否定するケースでは証拠が必要になります。

どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が不可欠です。

食事をした際に店で発行する領収証にはご飯を一緒に食べた人の数が特定できるように記載されている事もあるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。

ほかに、クレジットカードで決済した時は月ごとに確かめるようにします。

仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高額だったりすると、浮気相手と過ごしていた想像されてしまう事があります。

浮気調査を頼んだとして、調査の期間はどれぐらいかというと、多くの場合は3〜4日間です。

覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均的な日数です。

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、3〜4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあります。

一方で、浮気するだろうという日がもう分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

SNSを通じて浮気の証跡を見つかることもあります。

一般的に、SNSは本名を公開しない特性がありますのでパートナーも注意が足りずに、私生活についてさらけ出しすぎてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。

時には、浮気を証明してしまうような内容をネットに書き綴っている人もいるのです。

アカウントを認識しているのなら読んでみて下さい。

着る洋服を見ることで浮気の実証ができます。

浮気をしている人に、目に見えて出現してくるのは今までとは変わった服装です。

以前はファッションに対して無頓着だったのに、突然、服装にこだわりができたら慎重に見ておく必要があるでしょう。

浮気へと進展しそうな人がいたり、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。

浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。

それは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。

浮気しているか否かが不明瞭な場合は調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。

不倫相手の存在が確かになればここで浮気相手が誰かを探ることとなります。

仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、浮気相手の素性を証拠として押さえるのです。

着るものが今までと違った系統になってきたら、怪しいです。

浮気のパートナーの好きな服装にしていたり、ほんの少しだけでも格好よく見せたりしている可能性があります。

いきなり、年にそぐわないデザインや色の洋服をセレクトし出したら、かなり怪しい臭いがします。

その中でもお洒落なインナーを身につけるようになったら、浮気をしていることがありえます。

なんとアルバイトの探偵がいる例があってしまうのです。

探偵としてのアルバイトを調べてみると、なんと求人の情報があるのです。

これからわかることは、バイトを働かせている探偵事務所もたくさんあるわけです。

浮気について調べるように言うときには、個人を特定できるような情報を教えないとできないですよね。

バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。

「原一探偵事務所の評判・体験談・口コミなど悩む前に無料相談」について

相談・お見積もりは無料です。また、見積り時には諸経 費を含む総調査費を提示させていただきます。 調査終了後の経費の水
増しや付加料金等の 追加費用は一切かかりません。