原一探偵事務所 無料相談

サイトマップ

配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求

探偵による浮気調査の結果、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。

心から信用のできない人間と一生を共にするのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。

さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を求めれば、二人が別れることは間違いないでしょう。

探偵事務所で配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、離婚するかしないか選択に困りますよね。

まず頭を冷やして、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、一度考えてみてはいかがでしょうか。

夫婦であれば不貞があっていけないのは当然のことですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。

探偵の浮気調査の場合でも失敗したりするようです。

探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、思わぬミスをすることが少なからずあります。

配偶者がいきなり車や電車を使ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。

それに、浮気調査実施中に浮気相手に会わないケースでは証拠を入手しようがないです。

 探偵が用いている追跡グッズとは 自分でも買えるのかと言われたら、購入することが可能です。

追跡グッズは、一般にはGSP端末を使用することが多いです。

でも、これはどんな人でもインターネット等で購入可能です。

車に載せるGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、誰でも買えるのは当然です。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。

実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、金額は少なくなってしまいます。

また、不倫の相手が浮気を否定するケースでは証拠が必要とされます。

第三者からみても明白な不倫の証拠が不可欠です。

GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに取付して、移動の様子を常時監視し、現在地を把握したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して行動を確認することができます。

あまり、車を運転しない人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。

そうすれば、相手がどこに行ったのかや滞在した時間も割り出すことができるでしょう。

浮気の裏付けがSNSで把握できることもあります。

コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるのでパートナーも無意識のうちに、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事が珍しい事ではありません。

場合によっては、浮気を裏付けるような記載をネットに公表している場合もあるのです。

相手のアカウントに気づいているのなら検索してみて下さい。

「原一探偵事務所の評判・体験談・口コミなど悩む前に無料相談」について

相談・お見積もりは無料です。また、見積り時には諸経 費を含む総調査費を提示させていただきます。 調査終了後の経費の水
増しや付加料金等の 追加費用は一切かかりません。