原一探偵事務所 無料相談

サイトマップ

奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んで


奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んでひどい状況に陥るのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。

妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、傷害や場合によっては殺人さえも起こるという脚本もしばしば書かれます。

配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのも選択肢の一つです。

離婚も辞さない覚悟なら、問題ないかもしれません。

自分で浮気調査はすべきではありません。

その理由は逆上してしまう場合があるのです。

自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?いざ自身の目で浮気現場をみてしまうと逆上してしまったという例が過去にも多いのです。

平穏に解決するためにも、証拠を掴む可能性を高めるためにも、浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。

法律の上で、結婚した人が自分から夫婦ではない異性と性的に親密になることを不倫といいます。

すなわち、法律の上では、肉体関係を持っていなれば、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではないのです。

個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。

どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、多くの場合、2人程度で調査しています。

しかし、まだ浮気が確定でない場合には、浮気が確実かどうか、調査員が1人で調査をすることがよくあります。

浮気をしていることがはっきりとしたら、もう一度計画を練り直して調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。

探偵事務所調査を依頼し、なにが出来るかと云うと浮気の証拠をつかむ事です。

配偶者が浮気をしているのではないかという疑いをもった場合、証拠を自ら集めようとするでしょう。

けれども、浮気の証拠を自分だけで集めようとしたら、相手に気づかれてしまう可能性が高いです。

その原因はズバリ、あなたの顔が相手に知られているからです。

本人に気づかれないようにして、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。

浮気現場の写真を撮ったとしても、顔が見分けられないような露出不足だと残念ながら証拠とは言えません。

浮気調査を探偵が依頼されたときは、超小型の機材を使い覚られないうちにはっきり判別できる写真を撮ります。

問題なく探偵が調査をしていても、依頼者のちょっとした言動で、相手に余計な警戒心を与えてしまって浮気調査が難しくなり、うまく行かない事もあるのです。

いくら探偵の浮気調査でも、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。

成功しなかったときの調査にかかった費用についても、契約書を作る際にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。

「原一探偵事務所の評判・体験談・口コミなど悩む前に無料相談」について

相談・お見積もりは無料です。また、見積り時には諸経 費を含む総調査費を提示させていただきます。 調査終了後の経費の水
増しや付加料金等の 追加費用は一切かかりません。