原一探偵事務所 無料相談

サイトマップ

興信所や探偵社に不倫の調査を依頼する

一般的に慰謝料というと、向こうが離婚したかどうかで変わってくるものです。

その時点で離婚していないのに高額すぎる慰謝料請求があった場合、いったん話を収めてもらい、まずは弁護士事務所に相談することです。

配偶者の不倫行為が発覚したら、さしあたっては今後の動向を考えるために気を鎮めるようにしてください。

いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、離婚とか、そうなると慰謝料の請求についても考えておく必要があるでしょう。

面倒でも双方で会う時間を作り、今後のことについて話し合うと良いでしょう。

配偶者に浮気の疑いがあるのなら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用するのがいいでしょう。

家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、今まで利用したこともない業者に浮気調査を依頼するのは、不安になるなというほうが無理でしょう。

安心のために探偵を雇うのですから、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。

興信所や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかをあきらかにしておくことが重要です。

不倫関係を解消させたいのか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかを区別して、伝えておく必要があります。

依頼している(期待している)内容によって、探偵の調査内容に違いが出てくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。

法的な判断材料となる不倫の証拠がければ、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは思うような結果にならないかもしれません。

どうしてかというと、裁判所が不倫行為を否定するケースも充分にありえるからです。

ぐうの音も出ないような証拠を突きつけることができれば、訴訟はあなたに有利になるでしょう。

誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのは不本意ですよね。

ですから、裏付け調査を探偵に依頼しておくべきです。

既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、配偶者から「子供がほしい」と言われたというのが実は結構多いのです。

自分とのことを考えてくれている人に対し、申し訳ないという気持ちが生じたり、将来が見えない浮気という繋がりにうんざりする気持ちが出てきたりします。

それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、今までの罪の意識も手伝って、別れることに積極的になるでしょう。

よく不倫の末に結婚しても、不幸になると言われますが、結構言い得ているのではないでしょうか。

自分の欲求のためなら、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、知られたらみんな去っていくと怯えてずっと暮らしていくのです。

不倫相手と結婚したって、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、心が落ち着く暇もないのではないでしょうか。

一般的に不倫の証拠に使える写真というと、浮気相手と共にホテルに入る場面につきるでしょう。

自力で写真を撮れないことはないでしょうが、証拠としては使えないレベルであることが少なくありません。

確固たる裏付けとなるような高画質で得たいなら、探偵に依頼する方が良いのではないでしょうか。

一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、その配偶者からしたら不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。

そんな身勝手な行動を黙認することはありません。

浮気の裏付けをとる方法は定番なところではスマホ(携帯電話)でしょう。

ライン、メール、フリーメールなどを駆使して連絡を取り合っている可能性は高いです。

もし配偶者が浮気していた場合、代償として慰謝料を求める権利があります。

もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、話がややこしくなりがちです。

うまくいかないときは訴訟になることもあるわけで、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、無難なところでまとめあげてもらう方が良いかもしれません。

「原一探偵事務所の評判・体験談・口コミなど悩む前に無料相談」について

相談・お見積もりは無料です。また、見積り時には諸経 費を含む総調査費を提示させていただきます。 調査終了後の経費の水
増しや付加料金等の 追加費用は一切かかりません。